ジュエリー製作『石留め:パヴェ留め』


今回はハイジュエリーなどに使われる石留め技法『パヴェ留め』をご紹介いたします(^_^)

 

『パヴェ』とは、フランス語で「石畳」の意味で、

『パヴェ留め』は宝石を石畳のように隙間なくギッシリと敷き詰めた留め方のことです。

先日ご紹介した『彫り留め』のように「鏨(たがね)」で彫りを施し、宝石を留めていきます。

どのように宝石を配置するかを考えたり、宝石を留めるための穴をあけたりなどと、極めて精密な作業です。

ジュエリー製作の石留め技法『パヴェ留め』

ジュエリー製作の石留め技法『パヴェ留め』

パヴェ留めする範囲が広くなればなるほど、その分途方もない作業になりますがハイジュエリー感はぐっとでます。

ジュエリー製作の石留め技法『パヴェ留め』

 

 

下の写真もパヴェ留めの技法で宝石を留めていて、実際に留めている工程を動画で公開しているので、ご興味がございましたら下のリンクからご覧ください(*^^*)

ジュエリー製作の石留め技法『パヴェ留め』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です