木目金


『木目金(もくめがね)』とは、異なる金属を何層も積み重ねてブロック状にし、

削ったり、ねじったり、彫りを加えることで木目状の模様に仕上げる金属のことをいいます。

 

伝統技法などに取り入れられてきた金属ですが、ジュエリーに落とし込むこともできます!

全く同じ模様を作ることはできないので、まぎれもなく世界に一つだけのジュエリーになります(^_^)

 

木目金を使用した指輪

 

写真は私が学生時代にはじめて木目金を習得したときに作ったリングで、銀と銅の木目金です(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です