ジュエリー製作『ワックス』


ジュエリーを製作するにあたって、作り方が大きく分けて2種類あります。

 

一つは、貴金属地金を用途に合わせて延ばしたり、曲げたり、削ったり、バーナーで溶接したりして製作する方法。

 

もう一つは今回紹介する『ワックス』という素材を使って製作する方法があります(^_^)

 

ジュエリー製作に使用するワックス

 

『ワックス』は例えて言うなら、ロウソクのような素材でやわらかいので、さくさく削って形を作ることができます!

また、削りすぎたりしてもワックスは熱を加えると溶けるので、盛り付けることができます(^_^)

 

その特性から、シルバーアクセサリーのような立体造形ではかなり重宝されていますし、

結婚指輪などのオーダーメイドジュエリーにおいても多く使われます。

 

ジュエリー製作に使用するワックス

 

ワックスで作った原型の型をとり、そこに貴金属を流し込むことで、ワックスで製作した形が金属になります(^_^)

型に流し込むので、その形に必要な分だけの地金量だけで作れるのも利点ですね!

 

SAIJO彫金教室では、まずは貴金属での基礎工程をしっかりと身に着けていただき、

その後は生徒さんが作りたいデザインでジュエリーを製作していただけます(^_^)

もちろん、ワックスを使ってのジュエリー製作もしていただけますので、ご興味がございましたら当ホームページのお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

陽のひかり