ジュエリーの溶接『ロウ付け』


ジュエリー製作において、パーツとパーツをくっつけたり、

金属をつなぎ合わせたりする溶接方法の一つとして、

最も一般的なのが『ロウ付け』と呼ばれる作業になります!

 

母体の貴金属(金、プラチナ、シルバーなど)よりも、融点の低い金属「ロウ材」

つなぎ合わせる部分に置いて、バーナーの火を入れることで、

母体が熔けるよりも前に「ロウ材」が熔けてくれます。

 

ジュエリーのロウ付け

 

これによって貴金同士がくっついてくれるというわけです(^_^)

 

火の温度や、バーナーの当て方など、ノウハウや知識が必要になりますが、

SAIJO彫金教室では、国家技能検定1級を取得したプロの職人が丁寧にご指導させていただきますので、

ジュエリー製作を学びたい方はお気軽にご連絡ください(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

冬至